×

いつかへ残したい

登録有形文化財とは

私たちの周りには、残していきたい風景がたくさんあります。身近な建造物であっても、地域に親しまれている建物や、時代の特色をよく表したもの、再び作ることができないものは貴重な文化財です。 この文化財建造物を守り、地域の資産として活かすための制度が〈文化財登録制度〉です。登録有形文化財建造物は、50年を経過した歴史的建造物のうち、一定の評価を得たものを文化財として登録し、届出制という緩やかな規制を通じて保存が図られ、活用が促されています。

「登録の基準」原則として建設後50年を経過したもの国土の歴史的景観に寄与しているもの、造形の規範となっているもの、再現することが容易でないもの

その他の見どころ
〈片平キャンパス〉

片平キャンパスの
変遷と歴史

利用案内

【お知らせ】新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東北大学魯迅の階段教室及び東北大学史料館は、当面の間、閉室といたします。
再開予定時期は、ウェブサイト等にてご案内いたします。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

東北大学魯迅の階段教室

見学無料

開館日
平日の月・火・木曜日
<2019年10月15日~2020年3月>
開館時間
10:30~12:00 / 13:00~16:00

2019年10月15日~2020年3月の期間は、開室時間内であれば予約不要としております。開室時間内はご自由にご覧いただけますが、20名以上の団体様ですと別途ご予約が必要になりますので以下のメールアドレスまでご連絡ください。
E-mail: desk-tua@grp.tohoku.ac.jp

東北大学史料館

見学無料

開館日
月曜日~金曜日
<祝日、夏期休業日、年末年始除く>
開館時間
10:00〜17:00
※12:00〜13:00は閲覧室休み

耐震改修工事のため、2階展示室は2019年8月から2020年4月まで閉室しております。